CASE 想定サポート事例

鑑定評価

不動産投資型クラウドファンディングの鑑定評価

2017年の不動産特定共同事業法(以下、不特法)改正で電子商取引が可能になったことから、インターネットを活用した不動産投資である「不動産投資型クラウドファンディング」を展開する事業者が増加しています。
導入の主な理由は、自社で取り扱う現物不動産投資へ誘導するための導線とするほか、不特法事業の更なる拡大のためなどです。
このようなケースでは、事業者が投資対象となる不動産の鑑定評価を取得することにより、募集金額の設定の目安になるほか、投資家に対して情報公開量や透明性をアピールすることができます。

詳細はこちら

鑑定評価

用途が混在する地域にある不動産の評価

倉庫とマンションが混在する地域、アパートと戸建住宅が混在する住宅地など、複数の用途が混在する地域にある不動産は、どのように評価されるのでしょうか。
この場合、現地調査のみでは最有効使用(最高最善の使用方法のこと)の判定が難しいため、一つの物件に対して、複数の用途に基づく価格を査定し、最も価格が高く査定される用途を最有効使用として判定します。

詳細はこちら

鑑定評価

メガソーラー用地の鑑定評価

メガソーラー施設は、稼働すれば維持管理費用も比較的低く抑えられ、安定した収益を生む不動産になります。ただ、その建設には素地の取得費用、造成費用、機材費用など莫大な費用がかかります。
このため、第一段階である素地の取得に際しては、地主の言い値で取得することにならないよう、典型的な市場参加者を考慮した適切な時価を知ることが必須です。
鑑定評価を活用することで、地主との取得交渉の際に、説得力の高い価格を提示することができます。

詳細はこちら