CASE 解決事例

鑑定評価

用途が混在する地域にある不動産の評価

倉庫とマンションが混在する地域、アパートと戸建住宅が混在する住宅地など、複数の用途が混在する地域にある不動産は、どのように評価されるのでしょうか。
この場合、現地調査のみでは最有効使用(最高最善の使用方法のこと)の判定が難しいため、一つの物件に対して、複数の用途に基づく価格を査定し、最も価格が高く査定される用途を最有効使用として判定します。

詳細はこちら

CONTACT
お問い合わせ

相談のご予約や当社へのお問い合わせは、
以下よりお気軽にご連絡ください。