BLOG ブログ

高級ホテルの開発が拡大中

高級ホテルの開発が拡大中

日本経済新聞の記事で、不動産ディベロッパーである三菱地所が「ホテル事業を拡充している」とのニュースがありました。

内容は、三菱地所が沖縄の宮古島に米ヒルトンを誘致したほか、2024年にはラグジュアリーホテル「ローズウッド」も開業する予定とのこと。

三菱地所は「ロイヤルパークホテル」というホテルを国内で展開していますが、それに新しく「ローズウッド」が追加されることになります。

ご存じのとおり、今は新型コロナウイルスの影響により、インバウンドは激減。国内のホテルは倒産、廃業が相次ぎました。足下ではワクチンの普及が進んでいるものの、観光需要は完全には回復していない状況です。

そんな中、中長期的な回復を見据えた今回のホテル事業の開発。三菱地所は、今回のローズウッドとは別に、2023年に沖縄で「ヒルトン沖縄宮古島リゾート」も開業予定とのことですから、ホテル事業に本腰を入れていることが分かります。

上記以外にも、2021年には京都市にパリ発のスモールラグジュアリーホテル「フォションホテル京都」、大阪市にはマリオネット・インターナショナルのラグジュアリーホテル「W Osaka」が開業するなど、高級ホテルの開発が続きます。

<ラグジュアリーホテル(高級ホテル)の開発動向>

開発・運営ホテル名
2021年クレドインターナショナルフォションホテル京都
2021年マリオット・インターナショナルアロフト大阪堂島
2022年バンヤンツリー京都東山バンヤンツリー
2022年バインターコンチネンタル・ホテルズ・グループ京都東山シックスセンシズ
2023年三菱地所ヒルトン沖縄宮古島リゾート
2024年三菱地所ローズウッド宮古島
2024年東京建物・ホテル プロパティーズ リミテッドフォーシーズンズホテル

ホテルはボラティリティが激しいアセットです。これまでの歴史を振り返ってみても、ファンドバブルの崩壊や新型インフルエンザの流行、東日本大震災による観光自粛など、いくつもアップダウンがありました。

特に今回の新型コロナの影響がここまで大きくなったのは、インバウンド需要に頼りすぎていたことがありますが、国内の富裕層もターゲットにした高級ホテルの開発を軸に、再度回復の兆しが見えてきました。

観光地としてポテンシャルは高い日本。新型コロナにより大打撃を受けたものの、アフターコロナを見据えた高級ホテルの開発が続きます。

【関連記事】 【寄稿】COVID-19が明暗を分けた不動産市場

CONTACT
お問い合わせ

相談のご予約や当事務所へのお問い合わせは、
以下よりお気軽にご連絡ください。