BLOG ブログ

日常生活で不動産鑑定士が関係していること

日常生活で不動産鑑定士が関係していること

”謎のベール”に包まれている不動産鑑定士の普及活動の一環として、不動産鑑定士の仕事を定期的に紹介しています。

例えば地価公示。地価公示は「今年も銀座の地価が日本一高いです」などのニュースにもなりますので、ご存じの方も多いと思います。この地価公示の評価は不動産鑑定士が担当しています。

その他にも、知らず知らずのうちに、不動産鑑定士はあたなの生活に深く関わっているんですよ。

不動産鑑定士が関係しているもの

日常生活の中で、不動産鑑定士が関係しているものはたくさんあります。例えば・・・

自宅を買うとき・売るとき

あなたが自宅を買うとき、多くの方が不動産会社で購入するでしょう。

不動産取引は実勢価格で取引されます。実勢価格とは、その当事者間で成立する取引価格のことで、当事者間の事情により、適正価格(時価)よりも高くなることもありますし、低くなることもあります

この場合、あなたはなるべく適正価格(時価)で自宅を購入したいと思いませんか?

また、稀に競売で入札するという方もいらっしゃるかもしれませんが、競売では不動産価格に競売修正率を乗じるものの、基礎となる不動産価格は時価です。

そしてこの適正価格(時価)を査定することを仕事にしているのが不動産鑑定士です。

税金を払うとき

自宅や賃貸アパートなどの固定資産をお持ちの方であれば、その固定資産が所在する市町村に対して、毎年「固定資産税」を払っています。

このうち、土地の固定資産税の算定の基準となる固定資産税評価額は、不動産鑑定士が査定しています(最終的な税額は、各市町村が決定します)。

また、財産を相続した場合、相続した人に「相続税」が発生します。

この相続税の算定の基礎になる土地価格を相続税路線価といい、この相続税路線価も、不動産鑑定士が査定しています(最終的に国税庁により公表されます)。

一般的に、固定資産税路線価は時価の70%、相続税路線価は時価の80%とされていますが、この「時価」の部分を不動産鑑定士が評価しています。

保険料を払うとき

自宅や貸家をお持ちの方は、建物の火災保険や地震保険に加入されていますよね。

これら建物に関する保険料は、建物価格の「時価」を基に算定されています。

そして、建物価格の「時価」を算定することができるのが不動産鑑定士です。

一般的に不動産鑑定士は、土地価格を査定する人、というイメージがあるかと思いますが、不動産鑑定士は建物価格を査定することもあるのです。

不動産投資をするとき

不動産投資で収益物件を購入する場合、取引されるのは実勢価格です。

そして上記で書いたとおり、実勢価格は、必ずしも時価とは限りません。

情報の非対称性が大きな不動産の世界において、適正な時価を把握しておけば、取引を優位に進めることができます。

ここで登場するのが不動産鑑定士です。不動産投資の際、収益物件の評価を不動産鑑定士に依頼する方もいらっしゃいます。

不動産を担保にするとき

住宅ローンなどの融資を受ける際、担保として設定する不動産を担保物件といい、その不動産の評価額が担保評価額です。

不動産の担保評価額は原則として保守的に査定するため、時価に対して金融機関ごとに掛け目(例えば70%など)を乗じて査定します。

ここでも時価が登場しましたね。この時価は不動産鑑定士が査定しています。

終わりに

終わりに
いかがだったでしょうか。

日々の生活の中でも、何かしらの形で不動産価格が関係しており、その不動産価格を適正に評価しているのが不動産鑑定士です。

不動産鑑定士は決して派手な仕事ではありませんが、陰ながら社会のインフラを支えていることが分かっていただけたと思います。

人は知らないものに対して恐怖を感じるものですが、これで不動産鑑定士は恐れるに足らず。

あなたの身近な相談役として、お気軽に不動産鑑定士にご相談されてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ

【関連記事】 不動産鑑定士はどんな仕事をしているの?

CONTACT
お問い合わせ

相談のご予約や当事務所へのお問い合わせは、
以下よりお気軽にご連絡ください。